職能開発室の事業/教育(IT技術者養成)

仕事に就くためには、そこで必要なスキルを習得する必要があります。
一般的には、スクールに通ったり、研修やOJTなどで学ぶことになるでしょう。ところが、障害などの理由で通うことが困難な方が「働くために学ぶ」には、公的な職業訓練でさえ「通い」が前提となっているため、その選択肢が極めて少ないのが現状です。東京コロニー職能開発室では、一般の専門学校や職業訓練機関に通うのが困難な方を対象に、在宅のままで情報処理やWeb制作技術を学べる、2つの講習を実施しています。

IT技術者在宅養成講座(東京都重度身体障害者在宅パソコン講習事業)

身体的に重度の障害があるために、一般の専門学校やパソコンスクールに通うのが困難な方を対象に、在宅のままで情報処理技術を学べる2年間の講習を、東京都の補助事業として実施しています。
また、情報処理の技術だけではなく、就労のために必要なビジネスマナーや社会性にも考慮した人材育成をめざしています。
(この講習は、東京都内在住の方が対象になります)。
IT技術者在宅養成講座の詳細

短期IT講座

パソコンの基本操作が可能な方を対象に、在宅のままでWeb制作に必要な技術を短期間で集中的に身につけられる講習を実施しています。将来的に、在宅で就労することをめざす講習なので、実際の仕事に即した技術や、グループ実習なども行っています。

Web基礎編(2ヶ月)コース

内容:HTMLや画像作成、スタイルシートの基礎的な技術の取得など

Web応用編(4ヶ月)コース

内容:Webアクセシビリティの基礎、Webデザイン、グループワークなど

(「Web応用編」は、東京都委託事業のため、原則として東京都内在住の方が対象となります。)
短期IT講座の詳細

↑トップへ