es-teamミーティング2010 開催!

 在宅就労グループ「es-team(エス・チーム)」では、日ごろ自宅などで働いている在宅ワーカーたちが年に一度集まり、事業報告や今後の方針を話し合い、そして親交を深め合うための全体ミーティングを行っています。今年で6回目となる恒例行事ですが、今年度は主に2つのプログラムを組んで実施しました。

ミーティング2010での話し合いの写真
ミーティング2010での話し合いの様子

 ひとつめは、ディスカッション形式による「es-teamサイトの運営と新コンテンツの検討」。リニューアル開設後3年が経過した自分たちのサイトをもう一度振り返り、現状課題やアイディアをワーカー全員で忌憚なく出し合うところからスタート。意見の中には、SOHOとしての自分たちの働きぶりがより伝わるようなコンテンツの提案や、es-teamが独自につくり上げた、衛生管理に関するノウハウ披露案など、具体的で新しいアイディアもあり、今後、新しいサイトをつくるにあたっての素地をここで固めることができました。

ミーティング2010での東京コロニーの勝又理事長による講義の写真
ミーティング2010での
東京コロニーの勝又理事長による講義の様子

 もうひとつは、東京コロニーの勝又理事長による講義「障害者自立支援法などにおける制度と今後の動き」。テーマである自立支援法に限らず、権利条約批准に向けた運動やそれにともなう国内法制度の現状や今後について、当事者として第一線でかかわってきた勝又理事長の体験談を交えての講義には、ワーカーはもちろんのこと、付き添いの方やご家族の関心も誘い、質疑応答も活発なものになりました。

 今回のミーティングは、10名のワーカーが参加しましたが、年に一度とはいえ、全員が一同に会し親交を深める場というのは、在宅就労という形態の普及が高まるに伴い、ますます大切な機会になっていくものと考えます。欠席された方へのフォローという課題もあり、ミーティングそのものの意義や重要性についても振り返りを行った一日となりました。

↑トップへ